東武佐野線葛生駅 貨物ヤード跡地

東武鉄道と子会社の東武エネルギーマネジメントは、2013年夏(予定)に、栃木県佐野市の東武佐野線葛生駅南側土地において大規模太陽光発電(メガソーラー)事業を開始する。

今回の事業は、東武鉄道の鉄道貨物ヤード跡地を約1万4000平米を活用したもの。今年春「東京スカイツリー地区」で、国内地域熱供給初の地中熱利用システムを導入するなど、地域熱供給事業をスタートさせた東武エネルギーマネジメントが事業主体となり、設備の設置、運営を行う。

発電規模は、最大出力約1MW、発電電力量は 一般家庭約300世帯分に相当する約110万kwh/年となる見込み。

東武鉄道は同事業への参入により、太陽光利用をはじめとする発電事業、再生可能エネルギーの活用、鉄道・分譲事業への展開に向けてのノウハウを蓄積し、さらなる事業展開を図れるよう取り組んでいく。

メガソーラー施設設置予定地