UL-JPマーク

米国の第三者安全科学機関、UL社の日本法人ULジャパンは、日本初の独自認証マーク「UL-JP」を発表した。

UL-JPマークは、UL社がすでに提供している住宅用太陽光発電(PV)モジュールの安全および性能試験に適用することを決定。JIS 規格に基づいた認証試験を受け、適合性が証明されたPVモジュールにUL-JPマークを貼付する。

UL-JPマークが貼付されたPVモジュールは、太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の「住宅用太陽光発電導入支援補助金」の対象である証明となるほか、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(FIT)を対象とするPVモジュールの安全性および性能の証明、購入時の安心と信頼の指標となる。

また、同サービスは「地上設置の太陽電池モジュールの信頼性保証体制(設計製造および性能保証)の要求事項」(JIS Q 8901)の認証取得の前提条件としても活用できる。

ULジャパンは今後、UL-JPマークを適用する製品をPVモジュールを初めとするエネルギー関連製品からその領域を拡大。国内市場における利便性を高め、製品購入者の信頼と安心のマークとしての認知を高めていく。

ULジャパン(webサイト)