ライクT-3(フロントスクリーン付き)《撮影 山本一雄》

光岡自動車は、ユアサ M&Bと共同開発したオリジナル3輪電気自動車『雷駆(ライク)-T3』を10月18日より発売する。

ライク-T3は、全長2485mm、全幅1170mm、全高1075/1575(フロントスクリーン付き)mm、リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は約40km(グレードS)と60km(グレードL)が用意される。車両としては、側車付軽2輪車という扱いとなり、公道走行には普通自動車運転免許が必要。2輪免許での公道運転はできない。

最高速度は50kmのリミッター制限付きで、定員2名、最大積載量は定員人数関係なく100kgという仕様とし、型式認定を取得。クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金の対象車両として認定されている。

車両本体価格は129万5000円〜143万5000円で、補助金は最大30万円。一般家庭のAC電源からの充電に対応し、充電時間はグレードSが最大4時間、グレードLが6時間となる。

主に小口配達などの商用目的で設計された外観は、ロゴやステッカーなどが主張しやすいデザインとなっている。同社代表取締役会長の光岡進氏は「企業様のロゴなどを配慮したデザインでもありますが、スクーターなどカスタム好きなお客様にも受け入れやすい1台だろうと考えています」

光岡氏は来年の3月までに50台〜100台、そして体制を整え来年度は1000台の販売を目標に掲げ「屋根付きにして欲しいという要望は必ず頂くので、来年4月以降は屋根つきとなるキャノピーの販売も致します」とした。

また「来年度は日本製バッテリーを載せる予定ですが、現状は海外製バッテリーも使用しています。10年位の寿命で劣化率約15%と言われていますが、効率良く乗って頂くことを考えなければと思っております。また、EVは無音であるので、何か心地良い走行音も検討しなくてはと考えております」と今後の課題を語った。

ユアサ M&B 電気自動車部 部長 橋本篤実氏、SGモータース代表取締役 社長 谷本育生氏、光岡自動車 代表取締役会長 光岡進氏《撮影 山本一雄》 一部地域で稼働中の佐川急便仕様のライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 一部地域で稼働中の佐川急便仕様のライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3(フロントスクリーン付き)《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3の充電コード《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》