スバル・XV《撮影 内田俊一》

何しろルックスがいい。車高を上げ、225/55R17タイヤ、樹脂フェンダーなどで逞しさの増した足元と、ボディのクッキリとしたデザインのハーモニーがマッチして見える。

リムいっぱいまでデザインしたアルミホイールも常識破りのカッコよさだ。乗り味もいい。ベース車もしなやかで素直だが、『XV』ではゆったり感が大幅に加味され、まさにインプレッサ版アウトバックの印象。

2リットルの水平対向エンジンの出力特性が自然で力強く、トランスミッションもCVTとは思えないほど変速スケジュールが意のままだから、どの速度領域でもストレスなく走れる。「Sモード」に切り替えれば、さらに手応えのあるパフォーマンスが実感できる。

アイドリングストップの停止/再始動も短時間で違和感をもたない。評判のいいEyeSight(ver.2)も、たとえば信号待ちの前車に後方から接近してみると、上手なドライバーのようなブレーキングで静かにクルマを止めることもする。

バックドア全開時の高さはベース車と同じらしく、手を伸ばすと車高差(85mm)分の高さの差がわかる。硬めのソフトパッドを使ったインパネ上面など、質感向上の工夫は感じるが、シフトレバーのボタン、パワーウインドゥスイッチなどの樹脂の触感、操作感などに“コク”が増せば、さらに上質感が増すのだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

スバル・XV《撮影 太宰吉崇》 スバル・XV《撮影 太宰吉崇》 スバル・XV《撮影 太宰吉崇》 スバル・XV《撮影 瓜生洋明》 スバル・XV《撮影 内田俊一》