ライクT-3《撮影 山本一雄》

光岡自動車は、ユアサ M&Bと共同開発したオリジナル3輪電気自動車『雷駆(ライク)-T3』を10月18日より発売する。

佐川急便の兄弟会社として、約2万8000台の車両管理、販売、整備を行うSGモータースでは、ライク-T3を先行試験導入し、商用利用での各種データを光岡自動車へフィードバックしている。

今後は1年間を目処に保安基準関連、集配効率化のポテンシャル、化石燃料を使用したトラック軽減にどれほど貢献できるかなど、運送事業者として各種データ計測と提案を行なっていくという。

SGモータース代表取締役社長の谷本育生氏は「短距離間の移動で済む都心のような環境では、ライク-T3のようなEVは最適だと思っています。中国では自転車と同じような価格帯で電気スクーターが手に入る。弊社でも数台導入しリアカーを付け、新しい集配ツールとして開発しようと計画中です」と、EVの優位性について語る。

「現在試験導入しているライク-T3は女性従業員が扱っていますが、女性に合う可愛いデザインですね。配達のポテンシャルも通常の2t車で行う量と同じくらいの配達ができています。一日の作業で途中充電も挟まず、積載量100kg、容積もある、小回りが効く、これはこの車ならではのメリットだと言えます。また燃料費や維持費等、軽自動車と比べたとしても大幅な経費削減が見込めると思います」

「ライク-T3ような荷物が積める小型EVや、リアカー付き電気スクーターなどを組み合わせて、都心から化石燃料を使用するトラックを減らしていきたい。そういった取り組みを行なっていきます」と今後の計画を語った。

SGモータース代表取締役 社長 谷本育生氏と佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 SGモータース代表取締役 社長 谷本育生氏と佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 佐川急便仕様のライク-T3《撮影 山本一雄》 SGモータース代表取締役 社長 谷本育生氏《撮影 山本一雄》 ライクT-3(フロントスクリーン付き)《撮影 山本一雄》 ライクT-3《撮影 山本一雄》