A123システムズ製のハイブリッド車用リチウムイオンバッテリー(参考画像)

米国の大手リチウムイオン電池メーカー、A123システムズ。同社が破産を申請したことが分かった。

これは10月16日、A123システムズが発表したもの。同社の発表によると、日本の民事再生法にあたる米連邦破産法11条の適用を、デラウェア州の裁判所に申請。事実上、経営破綻した。

A123システムズの事業のうち、柱となる自動車関連事業は、米国の自動車部品大手のジョンソンコントロールズ社が買収。同社がA123システムズの自動車関連事業に、7250万ドル(約57億円)の資金を援助し、事業を継続する。

A123システムズに関しては2012年8月、中国の万向集団が買収することで合意。しかし今回、ジョンソンコントロールズ社がA123システムズの中核事業を引き継ぐことになったため、万向集団との買収契約は破談となった。

A123システムズは、BMWやGM、フィスカーオートモーティブなどにハイブリッド車やPHV用の二次電池として、リチウムイオンバッテリーを納入。BMWの『アクティブハイブリッド5』、GMのシボレー『ボルト』、フィスカーカルマ』のリチウムイオンバッテリーは、A123システムズ製だ。