日産 緊急操舵回避支援システム

日産自動車は、次世代安全技術として、将来の実用化を目指した「緊急操舵回避支援システム」の搭載車を、報道陣に助手席試乗で公開した。衝突の回避を、すでに実用化されているブレーキではなく、ハンドルの自動操作で行うものだ。

この支援システムは、車両前方のレーダーとカメラ、車両後方の左右に設置した2個のレーダー、さらに車両周囲に取り付けた5個のレーザースキャナーなどで構成する。これらから得る情報をもとに、ブレーキでは回避が困難な衝突リスクを察知し、同時に車両の回避ゾーンや、避ける方向への後ろからの接近車両がないことを瞬時に確認する。

衝突回避支援では、まずドライバーに警報でハンドルを切る方向を示し、それができない場合は自動で操舵する。操舵による回避は、周囲のさまざまな情報を判断しなければならず、ブレーキ操作より格段にハードルが高く、近未来での「ぶつからない技術」となる。

開発部門のトップである山下光彦副社長は「複数の危険がある場合は、どの回避を優先するかを機械に判断させることになる。一般の道路で実用化するには、まだまだ課題があり、当初はある条件下のみで使っていくことになろう」と話している

日産 緊急操舵回避支援システム 日産 緊急操舵回避支援システム 日産 緊急操舵回避支援システム