シボレー・クルーズ

米国の自動車最大手のGMは10月16日、シボレーブランドの2012年第3四半期(7‐9月)世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、第3四半期の記録を塗り替える125万台以上。前年同期比は3.1%増と、四半期としては、8期連続で前年実績を上回った。

第3四半期実績を市場別で見ると、地元米国が前年同期比2.1%増の45万8721台。これは小型セダン、『クルーズ』の好調による部分が大きい。クルーズは2012年1-9月、全世界で55万台以上を売り上げた。米国では、『ソニック』や『スパーク』の販売も好調。

また、中国では第3四半期、前年同期比3.7%増の15万2328台を販売。この他、メキシコでは12.9%増の4万3852台、ブラジルは13.5%増の18万2906台と2桁の伸びを示す。また、ロシアは28.8%増の5万8453台と成長著しい。

GMのシボレーブランドのクリス・ペリー副社長は、「ブランド史上最強のラインナップで、シボレーは世界中のさらに多くの顧客とつながっている」とコメントした。

シボレー・ソニック シボレー・スパーク