那須におけるEVモビリティ観光活性化事業の未来図

JTBグループのJTB法人東京は、那須温泉旅館組合、三菱自動車工業の協力により、環境にやさしいクリーンな観光地を目指す「EVモビリティ観光活性化事業」の実証実験を栃木県・那須町で開始した。

那須エリアでは、周辺のレジャー施設などへの2次交通が課題となっており、宿泊施設からの移動手段としてEVレンタカーの需要が見込まれている。宿泊施設にEVを導入することで、宿泊者へのレンタカー事業とあわせて、閑散期などには業務用車両としても活用できるため、EVを活用したビジネスモデルの確立に向けた実証実験を開始した。

今回の実証実験では、那須町の宿泊施設4か所に三菱『i-MiEV』を各2台ずつ配備し、国や県の補助を受けて充電器を整備。宿泊客が午前または午後の3時間、EVを無料でレンタルできる「EV無料試乗体験3時間つき宿泊プラン」を11月末まで販売する。実証実験後は、利用実績やレンタカー料金などの検証を行い、来春をめどに、宿泊施設を発着拠点とした有料のEVレンタカーの事業化を図る。

JTB法人東京では、那須で構築したビジネスモデルをもとに、全国の観光地に対し「EVモビリティ観光活性化事業」を推進し、2017年までの5年間で全国30の観光地で導入を目指す。

三菱 i-MiEV