古河電工・パッケージ型蓄電池システム

古河電工は、蓄電池を効率的に充放電制御する「パッケージ型蓄電池システム」を開発し、同社横浜事業所にて運用試験を開始した。

パッケージ型蓄電システムは、停電時には最低限の電力設備の運用を維持する緊急電源として動作し、平常時には電力ピークの削減や夜間電力の利用など電力有効利用を実現。また、太陽光発電パネルを接続することで利用時間帯の調整や余剰発電電力の充電ができる。

同システムは、自社設備での運用試験を実施後、災害対応を検討中の公共団体、民間事業者及びシステムメーカー、デベロッパーを対象に、今年度末から販売を開始する予定。

電源ピークカットと負荷平準化