セーレン(イメージ)

自動車シート材などを展開するセーレンは、北米市場の拡販をめざし、デトロイトオフィスを開設したことを発表した。

同社は、オートモーティブ事業のグローバル拠点のひとつとして、北米にデザイン開発を担当するViscotec World Design Center, LLC(VWDC)と、生産拠点である VISCOTEC AUTOMOTIVE PRODUCTS, LLC(VAP)とを持ち、企画・開発・生産の一貫体制を敷いてきた。

これらに加え、今回、自動車メーカーが集積するデトロイトに、新しくVAPの営業拠点としてデトロイトオフィスを開設し、デザイン開発のVWDC、設計・生産のVAPと連携し、現地顧客の近くで、企画・開発機能の充実を整えることとした。

同社では、新設するデトロイトオフィスを核に、北米における事業拡大に向け、顧客ニーズに合致したタイムリーで競争力のある商品の開発・提案およびサービス向上に取り組んでいく。

セーレン(イメージ)