ZMP・RoboCar HV

ZMPは、自動車・次世代モビリティ開発用プラットフォーム「RoboCar HV」のレンタル提供を、企業および研究機関様向けに開始した。

RoboCar HVは車載ネットワークCAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得できる研究開発向けの実験車両。取得可能なCAN情報は、ステアリング操舵角、ステアリング目標トルク・現在トルク、ブレーキON/OFF、ブレーキ踏み込み量、アクセル踏み込み量、エンジン回転数、速度、右前輪速度、左前輪速度、右後輪速度、左後輪速度など。

さらに、同社独自のコントローラによってステアリング、アクセル、ブレーキを制御できるほか、ユーザが開発したシステム、ソフトウェアを追加することもできる。

同社は、レンタル提供を開始することで、自動車メーカー、部品メーカー、通信・インフラ、インターネットサービス関連など、多くの業界、研究機関に利用してもらい、新たな市場の創造に繋げてほしいとしている。

レンタル費は、1か月262万5000円。

ZMP・RoboCar HV システム構成図