大和ハウス・狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」

大和ハウス工業は、10月17日より、住宅メーカーや工務店、リフォーム会社、建設会社、不動産会社向けに狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」の販売を開始する。

モーグルは、住宅の床下点検・診断作業をはじめ、住宅リフォーム前の現場調査や簡易耐震調査でも活用でき、橋梁など高所の狭い通路や配管など入りにくい空間、共同溝などの点検など、狭くて暗くて動きにくい空間を隅々まで点検することができるロボット。

高さ15cmの段差を乗り越えることができ、LED照明や点検用のCCDカメラ、走行用の広角カメラ、無線LANアクセスポイントを搭載。パソコンモニターを見ながらコントローラーで遠隔操作でき、普段見ることができない場所を隅々まで見渡すことができるため、建物オーナー、リフォームや中古住宅の購入を検討している顧客もコンクリート基礎のひび割れ幅などをリアルタイムで確認することができる。

販売価格は241万5000円(5年保証)、210万円(1年保証)。リース価格は4〜5万円/月(5年リース)。

大和ハウス・狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」