レクサス・LS《撮影 内田俊一》

レクサスのフラッグシップ『LS』がマイナーチェンジした。レクサス内では今回のマイナーチェンジをメジャーチェンジと呼んでいるという。

そう述べるのはレクサスインターナショナルレクサスデザイン部グループ長の須賀厚一さん。特にインテリアはフルモデルチェンジといえるくらいの変更だとする。「これまでのLSは初代以来タッチナビを採用していたため、リーチの範囲内にモニターを置かなければならならず、そのために骨格上の制約がありました」。しかし今回は、「最近のレクサスが使っている遠隔操作のリモートタッチを使うことで、あえてモニターを遠方に配置することができました。そこで、(インパネは)横方向への流れを主張し、これまでのインテリアとは全く違うモノを作ろうとしたのです」と話す。

さらに、「全ての素材にもこだわりを持って、アルミはアルミと本物の素材を使っています。それにより、素材を生かしたデザインとしました」と語った。

レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》