スバルBRZ欧州仕様

欧州カーオブザイヤー主催団体は、「カーオブザイヤー2013」のノミネート34台を発表した。日本メーカーからのノミネートは、前回の5台から10台へ倍増した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で26回目。ロシアを含む22か国、58名のジャーナリストが、2011年夏以降にデビューし、2012年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

条件は、少なくとも欧州5か国以上で販売され、年間販売台数が5000台以上。少量生産のスーパーカーなどは、除外される。

欧州カーオブザイヤー2013のノミネート34台は以下の通り。

●アウディ・A3
●BMW・3シリーズ
●シボレー・マリブ
●ダチア・ロージー
●フィアット500L
●フォード・B-MAX
●ホンダ・CR-V
●ヒュンダイ・i30
●ヒュンダイ・サンタフェ
●キア・シード
●キア・オプティマ
●ランチア・フラビア
●マツダ6(日本名:アテンザ)
●メルセデスベンツ・Aクラス
●メルセデスベンツ・SLクラス
●三菱・アウトランダー
●三菱・ASX(日本名:RVR)
●オペル・アダム
●オペル・モッカ
●プジョー208
●ポルシェ・ボクスター
●ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)
●シュコダ・ラピッド/セアト・トレド
●スマートED
●スバル・インプレッサ
●スバル・XV
●スバル・BRZ/トヨタ・86
●タタ・ビスタ
●トヨタ・オーリス
●トヨタ・プリウスPHV
●トヨタ・プリウス・プラス(日本名:プリウスα)
●フォルクスワーゲン・ゴルフ
●ボルボ・V40
●ボルボ・V60 PHV

例年通り、地元の欧州メーカーが圧倒的多数を占めるとはいえ、日本車も健闘。とくに、前回ノミネートなしのスバルが、『インプレッサ』、『XV』、『BRZ』の3台、同じく前回ノミネートなしの三菱自動車が、『アウトランダー』と『RVR』の2台を送り込んだ。

また、前回ノミネート2台のトヨタは、『オーリス』、『プリウスPHV』、『プリウスα』の3台(スバルBRZの兄弟車の86も含めると4台)。ホンダは『CR-V』、マツダは『アテンザ』の各1台だ。『リーフ』が2011年のイヤーカーとなった日産は、2年連続で1台もノミネートされていない。

スバルXV(欧州仕様車) スバル・インプレッサ欧州仕様 トヨタGT86(日本名:86) トヨタ プリウス+(日本名:プリウスα) 新型トヨタ オーリス