レクサス・LS《撮影 内田俊一》

マイナーチェンジしたレクサス『LS』は、フロントにスピンドルグリルを、リアにはスピンドル形状を採用した。

今回のマイナーチェンジでは、トランクリッドやテールランプ、バンパーなどが変更された。「走りを強調したいので、低重心でワイドに見せるために、ルーフラインからリアに流れてくるラインをトランクリッド後端から切り返しました。これがリアのスピンドル形状です」と語るのはレクサスインターナショナルレクサスデザイン部グループ長の須賀厚一さん。「これにより、地面に張り付くような感じを与えました」。同時に、「バンパーも横方向に引き立つようにしています」という。

また、ワイド感を感じさせるために、テールランプを薄くし、バンパーの反射鏡を横に張り出させている。そして、そのテールランプは赤くL字型に見えるようデザインされた。須賀さんによると、「(テールランプの)中はアクリルの厚肉成形になっており、導光式を採用しています。真後ろから見るとLですが、真上から見ると素通しになっています。これはエルフィネスの妙なのです」と述べる。「このように、透明なところと光るところを立体的に見せるというのは、レクサスのこだわりです」と話す。

このテールランプは、「マイナーチェンジ前では、記号(L字型)が、ストップランプが光ると消えてしまっていました。しかし今回はLの中にストップランプが入っているので、点灯してもLはそのまま見えます」とし、「少しずつこだわりを持って作っています。こういう積み重ねで、新しく生まれ変わるという(レクサス全体の)情熱や、意気込みを感じてもらえたらと思うのです」

最後に須賀さんは、「今回のマイナーチェンジを我々はメジャーチェンジといっています。クルマの性格そのものも変えていきたいくらいの感じでデザインしました」と語った。

レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》