レクサス・LS《撮影 内田俊一》

レクサスはフラッグシップ『LS』をマイナーチェンジした。これまでもLSは最先端の技術を取り込みながら開発されてきたが、今回もヘッドライトで新たな技術が投入された。

「もともと世界初のLEDヘッドランプというのはLSがロービームでやったのが初めてでしたが、いつの間にか他車で注目が集まるようになりました」と語るのは、レクサスインターナショナルレクサスデザイン部グループ長の須賀厚一さん。

「そこで今回は、フルLEDヘッドランプを採用しました。特にクリアランスランプ、海外ではデイライトランニングランプを、新しいテクノロジーによって、シームレスに光るような技術を使ったのです」。これまでの技術では縦方向の光の流れが難しかったという。しかし今回は、「新しい技術を使うことによって、縦方向でもLがしっかり見えるよう、レクサスの記号性をもっと強めていきたいとトライしました」

それ以外にも、「LEDフォグランプがFスポーツは丸形で世界最小ですし、ノーマルモデルも前述の技術を使い、L型でしなったような形になっています」と述べる。須賀さんは、「このような技術を使いながら、ひとつひとつの部品にも機能一点張りではない、アーティスティックな、感覚的なところも取り込んでいるのです」とした。

レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》 レクサス・LS(フォグランプ)《撮影 内田俊一》 レクサス・LS《撮影 内田俊一》