損保ジャパンと日本興亜損保、安全運転サポートアプリのAndroid版をリリース損保ジャパンと日本興亜損保が公開した「セーフティサイト」

損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険は、8月にiPhone版アプリとして公開した「セーフティサイト」のAndroid版を開発し、10月15日より無料で提供を開始した。

セーフティサイトは、車間距離を意識した運転を促進する「前方車両接近アラート」「前方車両発進お知らせ」、実際の運転をモニターして診断する「安全運転診断」、ドライブレコーダーなどの機能を持つ安全運転サポートアプリ。

Android版は、新たにアプリ起動時に「安全運転」を声で呼びかける機能を追加。運転中の前方映像の解析(形状、大きさ等)により、スマートフォンが前方車両との車間距離を認識し、前方車両の接近時や発進時に音声で知らせる。

また、埼玉県警察と連携し、埼玉県の交通標語を同県内でのアプリ起動時に通知する機能を搭載。アプリ起動時に安全運転の呼びかけを音声で行うほか、埼玉県内で起動した際は埼玉県警察の推進する交通標語「車間距離は2秒以上とりましょう。ゼロ・イチ・ゼロ・ニ」を音声で通知する。

同アプリは両損保契約者以外も利用可能。対応OSはAndroid2.2以降。

損保ジャパンと日本興亜損保、安全運転サポートアプリのAndroid版をリリース損保ジャパンと日本興亜損保が公開した「セーフティサイト」 損保ジャパンと日本興亜損保、安全運転サポートアプリのAndroid版をリリース損保ジャパンと日本興亜損保が公開した「セーフティサイト」 損保ジャパンと日本興亜損保、安全運転サポートアプリのAndroid版をリリース損保ジャパンと日本興亜損保が公開した「セーフティサイト」