メルセデスAMG(2012年韓国GP)

韓国GP予選を終えて、メルセデスAMGに対してピットレーンでミハエル・シューマッハを送り出した際の危険行為に対する罰金1万ユーロが、またトーロロッソとダニエル・リチャルドに対してはギヤボックス交換に伴うグリッド5位降格処分が決まった。

メルセデスAMGのケースは、すでにマクラーレンのルイス・ハミルトンが走り始めたにも関わらず、その前にリリースしたというものだったが、ハミルトンは大きく迂回して接触は起きなかった。しかし、妨害された側のハミルトンは、特に迷惑は受けていないと語っている。

リチャルドのトーロロッソは、予選Q2の終り近くにドライブシャフトの故障のためストップした。

「トラブル自体はドライブシャフトだけど、チームはおそらくギヤボックスまで分解することになるので、予選結果の16位から5つ下げて21位からのスタートは間違いないだろうね」

メルセデスAMG(2012年韓国GP) メルセデスAMG(2012年韓国GP)