トヨタ・中嶋一貴《撮影 瓜生洋明》

10月14日に行われたWEC富士6時間レース決勝で、優勝したトヨタの中嶋一貴は、レース後の記者会見で次のようにコメントした。

「エンジニアからは後半プッシュするように指示を受けていた。アウディには非常に苦しめられたが、最終的に優勝することができて非常に嬉しい。ラスト3周、トヨタの旗がサーキット中を埋め尽くしていたことが印象的だった」

「プロトタイプカテゴリーで優勝できたことはとても嬉しいが、優勝は自分だけのものではなく、チームメイトやチームが素晴らしいマシンを用意してくれたことや、トヨタが良いハイブリッドシステムを作ってくれたということがあってこその優勝だと考えている」

「国際的なレースで優勝することはキャリアを通じての大きな目標だった。今日は素晴らしい1日になった」

トヨタ・中嶋一貴(右)《撮影 瓜生洋明》