メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》

メルセデス・ベンツ日本は10月12日、スポーツクーペツアラーという全く新しい独自のコンセプトを持つ『CLSシューティングブレーク』を発表、発売を開始した。

この名称について関係者は、「1960年代、イギリスの貴族がクーペスタイルの乗用車に、余暇を楽しむための道具を載せるラゲッジスペースを設定し、それをシューティングブレークと呼んでいたことに由来しています」という。そしてCLSシューティングブレークは、「このコンセプトを踏襲しつつもスタイリングと高い利便性を融合した、スポーツクーペツアラーとして全く新しいモデルとして完成したのです」と述べた。

エクステリアデザインの特徴は、「テールゲートの傾斜と一体化した流麗なルーフラインと、力強いキャラクターラインの相乗効果により、エレガンスとダイナミズムを両立しています。また、フルLEDのハイパフォーマンスヘッドライトと、リアコンビネーションランプの独創的なデザインが存在感を一層際立たせています」と話す。

また、「インテリアには随所に最高級の素材を贅沢に使用し、エクスクルーシブな室内空間を構成しています。リアには3名の乗車スペースがあり、後方まで伸びたルーフラインにより、サイドウインドウの面積が拡大しました。ヘッドスペースにも余裕が生まれたことで、開放感あふれる室内空間となっているのです」とした。そのラゲッジスペースは、「最大1550リッターの大容量を誇り、アメリカンチェリーの木目に、スモークドオークのストライプが美しいdesignoウッドフロアは、ひとつひとつが手作業で組み立てられ、ラゲッジルームにもクラフトマンシップがあふれるこだわりの仕様となっています」とする。

また、CLS550シューティングブレークには前輪45%・後輪55%の比率でトルクを分配するフルタイム4輪駆動システムの4マチックを採用。様々な路面状況において優れた動力性能と、高い安全性を発揮していると語った。

メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEO ニコラス・スピークス氏《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ CLS シューティングブレークのdesignoウッドフロア《撮影 内田俊一》