【F1 韓国GP】極東ダブルヘッダー後半戦プレビュー《資料画像 ピレリ》

日本GPの興奮もおさまらない今週末、極東ダブルヘッダーの後半戦となる韓国GPが開催される。全長5615kmの韓国インターナショナルサーキットは、韓国南西部、首都ソウルからは400kmほど離れた全羅南道の黄海沿岸に位置する。

コースデザインは現代GP建築の巨匠へルマン・ティルケであり、常設ロードコースと市街地コースのミックスという構想ではあるが、肝心の市街はまだ完成していない。

サーキットは、大きく二つのパートに分かれている。ストレート主体の前半部分は、エンジンのトップエンドパワーと加速性が重視される一方で、多数のコーナーが直線部分なしで連続する後半部はダウンフォース重視となる。パワー/ドライバビリティ比率で言えばミディアム程度で、パワーセンシティビティもニュルブルクリンクやマレーシアに近い印象だ。

【F1 韓国GP】極東ダブルヘッダー後半戦プレビュー 【F1 韓国GP】極東ダブルヘッダー後半戦プレビュー 【F1 韓国GP】極東ダブルヘッダー後半戦プレビュー 【F1 韓国GP】極東ダブルヘッダー後半戦プレビュー《写真 ピレリ》 【F1 韓国GP】極東ダブルヘッダー後半戦プレビュー