石油・ゴム業界の特許資産規模、トップは横浜ゴム…パテントリザルト

パテント・リザルトは、独自に分類した「石油・ゴム業界」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・ゴム業界 特許資産の規模ランキング」をまとめた。

ランキングは、2011年4月1日から2012年3月末までの1年間、石油・ゴム関連の企業が登録した特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を使って評価。企業ごとに総合得点を集計した。

この結果、横浜ゴムが2年ぶりのトップに返り咲き。同社はシリコーン樹脂組成物を用いた光半導体封止体や冷媒輸送用ホースなどに強みを持ち、注目度の高い特許には、「タイヤ加硫用ブラダー、タイヤの加硫成形方法及び空気入りタイヤ」に関する技術などがある。

昨年トップだったブリヂストンは2位。太陽電池に用いる「透明フィルム」や、「導電性弾性ローラを備えた画像形成装置」など、タイヤ以外の分野に関する登録特許も増えている。注目度の高い特許には「圧縮空気節減ゴム練り装置」や「路面状態推定方法、及び、路面状態推定装置」などがある。

3位の住友ゴム工業は、住宅などの小型の建物に適用可能な「制震構造」に関する技術が注目度の高い特許として挙げられる。

横浜ゴム(イメージ)