ヒュンダイ ジェネシスクーペのコスワースチューン仕様、コスワースCGRSコンセプト

米国ラスベガスで、10月30日に開幕するSEMAショー12。今年の同ショーは、自動車メーカーでは米国と韓国が主役となりそうだ。

これは、同ショーの主催団体が公表したSEMAショー12のプレスカンファレンススケジュールから判明したもの。例年通り、地元米国からは、GM、フォードモーター、クライスラーグループの3社がプレスカンファレンスを実施。各社の市販車をベースにした、新たなカスタマイズの提案を行う。

また、韓国の自動車メーカーでは、ヒュンダイモーターとキアモーターズがプレスカンファレンスを開催。すでに同社の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは、SEMAショー12において、『ジェネシスクーペ』の「コスワースCGRSコンセプト」を初公開すると発表している。

一方、日本の自動車メーカーでプレスカンファレンスを予定しているのは、トヨタ1社のみ。ホンダや日産自動車、スバル、マツダ、スズキ、三菱自動車など他社の名前はなく、米国3メーカーと韓国2メーカーが主役といった印象だ。

SEMAショーは毎年秋、米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーの一大イベント。日本のオートサロンとドイツのエッセンショーと並んで、世界三大チューニングカーショーと呼ばれている。