メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》

メルセデス・ベンツ日本は、10月13日より開始される「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2013 S/S」のスペシャルイベントとしてメルセデス・ベンツ『CLS シューティングフレーク』の発表会を東京メルセデス・ベンツコネクションで行った。

CLS シューティングブレークは8月に発売された『CLSクラス』の5ドアモデル。CLSシリーズの特徴であるクーペのようなスタイリングとステーションワゴンの実用性を持つという、CLSクラスの新バリエーションモデルとなる。10月12日より全国で販売を開始する。

価格は『CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレーク』が970万円、『CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレーク』が1240万円、『CLS 63 AMG シューティングブレーク』が1680万円。納車開始は11月中旬頃からとしている。また、CLSシューティングブレークの発売を記念し、専用ボディカラーとインテリアを施し、パフォーマンスを向上させた『CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1』を全国限定50台で販売する。価格は1800万円。

ボディサイズは、全長4956×全幅1881×全高1413mm。ラゲッジルームの容量は590リットル。後席を倒し、拡大すれば容量1550リットルとなる。

用意されるエンジンはCLSと共通で、CLS 350 BlueEFFICIENCY シューティングブレークは3.5リットルV6直噴ガソリンエンジンを搭載、最大出力306ps、最大トルク37.7kgmを引き出す。『CLS 550 4MATIC BlueEFFICIENCY シューティングブレーク』は、4.7リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載、CLSクラス初となるフルタイム4輪駆動システム「4MATIC」を搭載。最大出力408ps、最大トルク61.2kgmを発生する。

同車の高性能グレードである『CLS63AMG』には、5.5リットルV8ツインターボを搭載、最大出力524ps、最大トルク71.3kgm。トランスミッションは、AMGスピードシフトMCTを搭載し、0‐100km/h加速4.4秒。そして、更なるパフォーマンス向上を図られたEdition 1は、最高出力557ps、最大トルク81.5kgmとなる。

メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデス・ベンツ日本 代表取締役兼CEO ニコラス・スピークス氏により発表が行われた《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 メルセデスベンツ・CLS 63 AMG シューティングブレーク《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》 CLS 63 AMG シューティングブレーク Edition 1《撮影 山本一雄》