東海ゴム・インドネシアの自動車用防振ゴム新工場の開所式

東海ゴム工業は、インドネシアの自動車用防振ゴム製造・販売子会社「PT.Tokai Rubber Indonesia(TRID)」の開所式を実施。10月中に本格生産に入る。

インドネシアでの自動車用防振ゴム事業は、2004年よりフコクとの合弁会社「PT.Fukoku Tokai Rubber Indonesia(FTR)」が製品を供給してきたが、市場拡大に対応するため、2011年8月にTRIDを設立した。

式典には、現地に拠点を置く自動車メーカーや同社グループ関係者など約25人が出席。同社西村社長は「自動車生産の大きな伸びが期待できる有望な市場で、良質な製品をユーザーに届けることで、インドネシアの自動車産業と地域社会の成長と繁栄に寄与したい」と語った。

同社グループは、 中期経営計画「 2015 年 TRI GROUP VISION」で、成長市場であるアジア地域での市場獲得を重要な経営戦略に位置づけており、インドネシアでは、二輪車用ホースの生産拠点「PT.Tokai Rubber Auto Hose Indonesia(TRHI)」が新工場を建設し、2013年秋より新たに四輪車用ホースも供給する。

東海ゴム(webサイト)