横浜ゴム、ワンメイク供給しているWTCCの日本ラウンドにブースを出展

横浜ゴムは、コントロールタイヤをワンメイク供給している「FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)」の日本ラウンドにPRブースを出展する。

今年5回目となる日本ラウンドは10月20日〜21日に鈴鹿サーキット東コースで開催される。日本人ドライバーは、SUPER GTにも参戦している吉本大樹選手、加納政樹選手が参加する。

PRブースのタイヤコーナーでは、グローバル・フラッグシップブランド「アドバン」、低燃費タイヤブランド「ブルーアース」やスタッドレスタイヤブランド「アイスガード」を中心に市販用タイヤの主要ブランド全商品を展示する。

アルミホイールコーナーは、これまでにない大規模な展示を予定しており、WTCCでも活躍している「アドバン・レーシング・RSII」や「アドバン・レーシング・GT」など最新モデルを含む主要ブランドの全色を展示する。

また、レースイベントをより盛り上げるため、オリジナルグッズやWTCCコラボレーショングッズを販売するほか、ヨコハマタイヤやホイールを装着した多くのデモカーを展示する。

WTCCはF1、WRC、WEC、GT1などとともにFIA(国際自動車連盟)が管轄する世界選手権のひとつで、世界最高峰のツーリングカーレース。横浜ゴムは2006年からアドバン・レーシングタイヤをコントロールタイヤをワンメイク供給している。今年、FIAが求める性能を十分に満たしていることが評価され、2015年まで10年連続の供給継続が決定している。

横浜ゴム、ワンメイク供給しているWTCCの日本ラウンドにブースを出展