ボッシュ、SU-MM5.10リーンアングルセンサーを開発

ボッシュ・エンジニアリングは、モーターサイクル用に新しい「SU-MM5.10傾斜角センサー」を開発した。

SU-MM3.10の後継モデルで、モーターサイクルのドライビングダイナミクスに関するデータを継続的に供給し、安全・快適機能を実現するための基盤を提供する。これによって安全・快適、よりダイナミックなモーターサイクルの走行が可能になる。

センサーは、垂直加速度、ヨーレート、ロールレートなど物理的な数多くの値を毎秒100回以上の速さで測定する。ボッシュが開発したアルゴリズムは、この「5D」慣性センサー値を使用して傾斜角とピッチ角を測定し、データをCANバスに伝達する。このデータは、トラクションコントロール、コーナリングライト機能、ローンチコントロール、後輪走行制限機能など、モーターサイクルの安全・快適機能に活用する。

従来モデルと比べると、SU-MM5.10センサーのサイズ、重量と消費電力を削減した。センサー重量はSU-MM3.10より約60%少ない40gに軽量化。また、MEMS(マイクロマシン)技術が用いられた微小コンポーネントによってセンサーの電力消費はわずか65ミリアンペアと、従来モデルより50%以上減らした。

SU-MM5.10傾斜角センサーは、ボッシュ製モーターサイクル用ABSだけでなく他社製システムと組み合わせることも可能。

新開発傾斜角センサーは新型モーターサイクルの「KTM 1190アドベンチャー」と「KTM 1190アドベンチャー R」に標準装備される。

センサー値は将来的にコーナリングABS、転倒検知、後輪走行コントロール、セミアクティブサスペンションなどの機能のベースとしても使用される見通し。

ボッシュ、SU-MM5.10リーンアングルセンサーを開発