新型ヒュンダイ・サンタフェ(米国名:サンタフェスポーツ)

米国市場で、販売の勢いを増している韓国ヒュンダイモーター。同社が米国内の2工場において、主力車種の増産体制に入ったことが判明した。

これは10月2日、ヒュンダイモーターアメリカのジョン・クラフシック社長兼CEOが明らかにしたもの。同社長は、「9月からアラバマ工場とジョージア工場の2か所で、増産体制を取っている」と述べたのだ。

アラバマ州のモントゴメリー工場は、同社の米国生産子会社、ヒュンダイモーター マニュファクチャリング アラバマ(HMMA)の工場。同工場は2005年に稼働。2009年12月から、北米主力ミドルセダンの『ソナタ』の生産を開始した。

2010年10月には、小型セダンの『エラントラ』の現地生産もスタート。この両車の北米販売が好調なことを受けて、ヒュンダイは9月から同工場にサードシフト制を導入し、増産に乗り出した。これにより、同工場の年産台数は約2万台増える。

また、稼働したばかりのジョージア工場は、傘下のキアモーターズの組み立て工場。ここではSUVの新型『サンタフェ』(米国名:『サンタフェスポーツ』)を増産し、年内に3万台以上を生産する計画だ。

同社のジョン・クラフシック社長兼CEOは、「我々の米国市場での地位を、さらに向上させるための増産。年内にかけて、ディーラーの在庫不足は解消され、販売台数も上乗せされるだろう」とコメントしている。

ヒュンダイ・ソナタ ヒュンダイ・エラントラ