機械・造船業界特許ランキング《出典 パテント・リザルト》

パテント・リザルトは、独自に分類した機械・造船業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「機械・造船業界・特許資産の規模ランキング」をまとめた。

2011年4月1日から2012年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いて、企業ごとに総合得点を集計、特許総合力を評価した。

それによると機械・造船業界の特許資産ランキングのトップは三菱重工業。前年の2位からトップとなった。ガスタービンや風力発電、コンプレッサなどの分野に強みを持つ。「汚泥炭化燃料」に関する技術や「二酸化窒素を効率良く除去する方法」に関する技術など、注目度の高い特許を持つ。

2位は前年1位だったダイキン工業。「冷暖房の性能を両方とも向上させることができる熱交換器」に関する技術や、「長手方向の引張強度が大きいフッ素樹脂」に関する技術などを持つ。

3位のクボタは「夜間の収穫作業における収穫機の操縦性向上」に関する技術や、「部品コストを抑えつつ、耐火性に優れた排水管システム」に関する技術など、注目度の高い特許を持つ。

4位はサミー、5位がSANKYO、6位はコマツ、7位にはNTNがランクインした。

オランダのASMLは前年の13位から8位へと大きくランクをあげた。「半導体の製造工程におけるリソグラフィ装置のステージ動作性能の向上」に関する技術などの評価の高い特許を持つ。

9位が川崎重工業、10位が三井造船となった。