VWジェッタ ハイブリッドのレーシングカー

フォルクスワーゲンが今秋、米国市場で発売する『ジェッタ ハイブリッド』。同車のレーシングカー仕様が、市販ハイブリッド車(ベース車両として)の世界最高速記録を更新したことが分かった。

これは10月8日、フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカが発表したもの。10月5日、米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツ州立公園で開催された「ボンネビル・ワールド・ファイナル」にジェッタ ハイブリッドが参戦。187.147マイル/h(約301km/h)という市販ハイブリッド車カテゴリーの世界最高速記録を打ち立てたのだ。

ソルトフラッツ州立公園は、巨大な塩の平原で、現地では毎年、地上最高速を競うスピードレースが開催される。二輪車から1000km/hを超えるロケットカーまで、バラエティ豊かなモデルが参加し、10マイル以上の直線距離を駆け抜け、1マイル毎の区間タイムを計測して最高速を争う。

実は、ジェッタ ハイブリッドは2012年8月、ボンネビルにおいて185.394マイル/h(約298km/h)の最高速をマーク。今回は、この記録を3km/h上回り、300km/hの大台に乗せる新記録となった。

ジェッタハイブリッドの市販モデルは、直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」(最大出力150ps、最大トルク25.4kgm)に、モーター(最大出力27ps)の組み合わせ。二次電池は蓄電容量1.1kWhのリチウムイオンバッテリー。トランスミッションは、ハイブリッドとの組み合わせとしては世界初となる7速デュアルクラッチの「DSG」だ。

なお、このレーシングバージョンでは、最大出力はおよそ300psまで、引き上げられているという。

VWジェッタ ハイブリッドのレーシングカー VWジェッタ ハイブリッドのレーシングカー VWジェッタ ハイブリッドのレーシングカー