カーボンファイバー製ボンネットを採用したフォード フォーカスのプロトタイプ

自動車の重量を軽くし、運動性能や燃費性能の向上効果が期待されるカーボンファイバー素材。これまで、高級スポーツカーなど、高価な車両が中心だったカーボンファイバーを、量販車に採用しようという試みが始まった。

これは10月9日、フォードモーターの欧州部門が発表したもの。同社の最量販コンパクトカー、『フォーカス』にカーボンファイバー製ボンネットを装着したプロトタイプ車が、ドイツで披露されたのだ。

このカーボン製ボンネット、フォードモーターの欧州研究センターが開発したもので、一般的なスチール製と比較すると50%以上軽量。運動性能よりも、燃費の向上を目的としたカーボン製ボンネットである。

フォードモーターは今後、カーボンファイバー製部品の量販車への採用を目指して、コスト削減を含めた研究開発を進めていく方針。同社は今後10年間で、市販車にカーボンなどの軽量素材を導入し、1台当たり最大で340kgもの軽量化を図る計画だ。

同社の欧州研究センターのInga Wehmeyer氏は、「複数のパートナーと協力し、生産コストを抑えたカーボンファイバー部品の開発を模索していく」とコメントしている。

カーボンファイバー製ボンネットを採用したフォード フォーカスのプロトタイプ