米国では約94万台がリコールの対象となるトヨタ・カムリ(先代モデル)

トヨタ自動車が10月10日、日本国内向けの『ヴィッツ』など計6車種のパワーウィンドウスイッチに不具合があるとして、国土交通省に届け出たリコール(回収・無償修理)。これが、全世界に波及する巨大リコールになることが分かった。

この不具合は、運転席ドアのパワーウィンドウスイッチの潤滑用グリースが、均一に塗布されていないのが原因。そのため潤滑性が悪化し、接点が摩耗して作動不良となる恐れがある。また、市販の潤滑剤等を塗布すると、スイッチが溶損する可能性があるというものだ。

日本国内でリコールの対象となるのは、2006年9月1日から2008年7月31日に製造された45万9326台。しかし、同じ部品は海外では、『カムリ』『カローラ』『RAV4』など、全14車種に広く使用されており、全世界でのリコール台数は大きく膨らむ。

トヨタによると、米国の約247万台を筆頭に、中国が約140万台、欧州が約139万台、オーストラリア&アジアで約65万台、中東とその周辺国で約49万台、カナダで約24万台、残る地域で約33万台。これに日本の約46万台を合わせると、全世界で約743万台がリコールの対象になるという。

全世界で743万台ものリコールは、トヨタとしては1996年以来、過去最多の台数となる。