ヒロボーが手掛ける1人乗り電動ヘリコプター『bit』《撮影 石田真一》

産業用の無人ヘリコプターを手掛けるヒロボーは、国際航空宇宙展の同社ブースに1人乗り有人ヘリコプターのコンセプトモデル『bit(ビット)』を展示している。電動モーター駆動による2重反転ローターを備え、完全自動操縦も可能なモデルだという。

これは同時に発表された電動無人ヘリコプターのコンセプトモデル『HX-1』をさらにブラッシュアップさせたもので、各種センシング技術によって高い安定性と安全性を誇るモデルだ。

2重反転ローターは電気モーター駆動。有人操縦時の制御はフライ・バイ・ワイヤで行うが、完全自律飛行や無人による飛行も可能となっている。デザインは未来的で、眺めているだけでワクワクしてくる。

開発中の機体であり、製品化の時期であるとか、価格などはまだ未定の状態だが、子供の頃からロボット物のアニメを見て育った世代としては、こういうものが空を飛び交う未来を静かに待ちたい。

未来的なデザインも特長のひとつ。《撮影 石田真一》 手前にあるのがベースとなった無人ヘリ『HX-1』《撮影 石田真一》 ラジコンと言うなかれ。各種センシング技術が注ぎ込まれ、非常に高性能だという。《撮影 石田真一》 bitも電動モーターで駆動する。《撮影 石田真一》 操縦はフライ・バイ・ワイヤ。無人飛行や完全自律飛行も可能。《撮影 石田真一》 左にパワーレバー。《撮影 石田真一》 右にコントロールスティック。《撮影 石田真一》 飛行に必要なデータは右顔面の前にあるHUDに投影される仕組み。《撮影 石田真一》 こんなものが空を飛ぶなんてワクワクする。《撮影 石田真一》