豊田通商・動画配信事業「バスエイド」

豊田通商は、トヨタ自動車が釜石市と行うオンデマンドバス実証実験に合わせ、バスのボディ面を活用した協賛企業広告等を動画配信する事業「バスエイド」を行うと発表した。

トヨタ自動車は釜石市に効率的なバスの運行計画を策定するシステムを開発・提供し、10月10日よりマイクロバス2台で、オンデマンドバスの実証実験を開始。豊田通商は、オンデマンドバス運行事業の支援と被災地復興の応援を目的として、動画配信事業「バスエイド」を実施する。

具体的には、使用するマイクロバス2台のボディ面を活用し、被災地応援メッセージ、被災地からの感謝メッセージ及び協賛広告を募集・掲載する。バスが被災地を走る姿(動画)を定期的に協賛企業に配信、またウェブサイトにて公開し広く告知することで、同事業の付加価値を向上させ、協賛(賛同)企業を募る。

豊田通商・動画配信事業「バスエイド」