デンソー・ブースイメージ

デンソーは、10月22日から26日まで、オーストリアのウィーンで開催される「第19回ITS世界会議ウィーン2012」の展示会に出展する。

同社の出展テーマは「いつもの安心、もしもの安全」で、安全分野を中心とした高度道路交通システム(ITS)関連の各種製品や技術を紹介する。

主な出展品目は、車線逸脱警報や自動ハイビーム制御に使用される画像センサー、車両の衝突被害軽減システムや車間距離制御システムの主要部品であるミリ波レーダー、カメラを通じてドライバーの眠気度合いなどを監視するドライバーステータスモニターなど。また、フロントガラスに各種情報を表示する新型の大画面ヘッドアップディスプレイを初めて出展するほか、車載レーザーレーダーによるセンシング情報をクラウド上に集約し、3次元地図を生成する新しい技術を今回初めて提案する。

デンソー、ドライバーステータスモニター