日産・ラティオ《撮影 内田俊一》

フルモデルチェンジして2代目となった日産『ラティオ』は、ある動物をモチーフとしてデザインされた。

ラティオのデザインキーワードは「エネジェティックとスリークです」とは同社グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部プロダクトチーフデザイナーの前田敦さんの弁。しかし、「デザインのモチーフにしたのは、アスリートが持つ筋肉みたいなところです。水平基調にすると、どうしてもつまらないモノになりがちです。そこで、面の作り込みみたいなところで、ダイナミックにしようとしたのです」と話す。

前田さんによると、サイドから見た時に、フロントフェンダーとリアフェンダーから始まるキャラクターラインが、中央付近ですっと消えていくのは、そのモチーフからだという。「このモチーフは人間の筋肉ではなくてトラの筋肉なのです。タイガーというのがひとつのキーワードになっていて、タイガーは中国でも神聖なものとしてあがめられていますし、アメリカでも少しセクシャルな意味も含まれますが、強いモノというイメージがあります」と述べる。そして、「人間のアスリートの筋肉だと抑揚が弱かったのです。もう少し抑揚の強い筋肉ということでタイガーのイメージで創りました」

しかし、「あまりマスキュリーにやりすぎると、セダンとしてもフォーマリティが落ちてしまいます。セダンが難しいのは、フォーマリティのところを外してしまうと格好良くても売れないというところがあるのです」と語った。

日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》