7日午前1時20分ごろ、京都府京都市右京区内の市道で、パトカーの追跡を受けていた2人乗りの原付バイクが強引にUターン。対向してきた乗用車と衝突する事故が起きた。この事故で同乗していた女子中学生が重傷。警察は運転していた15歳の少年を逮捕している。

京都府警・右京署によると、同区内をパトロールしていた同署員が、赤信号を無視して進行する原付バイク3台を発見。停止を命じたが、これを無視したため、うち1台の追跡を開始した。

バイクは京都市右京区西京極西池田町付近の交差点で強引にUターンしてパトカーを振り切ろうとしたが、この際に対向車線を順走してきた乗用車と衝突。バイクは転倒し、乗っていた2人が路上へ投げ出された。

この事故でバイクの後部座席に同乗していた14歳の女子中学生が左足を骨折する重傷。警察はバイクを運転していた同区内に在住する15歳の少年を道路交通法違反(信号無視)の現行犯で逮捕している。乗用車を運転していた23歳の男性にケガはなかった。

少年は無免許運転。警察は無免許運転の発覚を恐れて逃走したものとみて、自動車運転過失傷害容疑も含めて今後も調べを進める方針だ。