NECが試作した高電圧リチウムイオン二次電池

NECは、高電圧・長寿命の次世代マンガン系リチウムイオン二次電池を開発。エネルギー密度を30%向上し、大容量化と軽量化を実現した。

NECは現在、埋蔵量が豊富で安価なマンガンを正極に採用したリチウムイオン二次電池を開発・生産。電気自動車(EV)や家庭用などの大容量蓄電池に搭載しているが、重量当たりの容量(エネルギー密度)の向上が課題となっている。

今回、同社はマンガン系リチウムイオン二次電池の高電圧動作を実現する正極と、高電圧動作時の安定性を向上した電解液を開発。電池の安全性を維持しながら、エネルギー密度を約30%向上し、大容量化・軽量化を実現した。

これにより、EVの航続距離の延伸、蓄電システムの軽量化、セル数の低減によるバッテリーシステム管理の簡易化などに貢献する。また、高電圧駆動ながら、従来の4V系リチウムイオン二次電池と同等の長寿命も実現している。

走行距離の延伸