トーヨーマルクと北陽実業が共同開発した水車型小水力発電用ユニット試作機

トーヨーマルクは、北陽実業との共同開発で、純国産・金属製の水車型小水力発電用ユニット試作機の設計・製造を完了させた。

ユニットは、河川、農業用水路、公園、工場などへの設置が可能で、水利権を持った自治体、法人、団体などが主な販売対象となる。

今回完成させた試作機は、水車直径4メートル・幅1メートル、1分間に300回転した際の出力が10キロワット、最大20キロワットまでの対応を可能としている。

両社は今後、顧客の要望により、出力、水車の大きさなどの仕様を決めて受注を開始。受注生産時の1台あたりの最大対応可能出力は50キロワットまでとなる。

20キロワットの場合、価格は3000万円(工場渡し)、全量売電の場合、償却期間は5年〜6年となる見込み。

トーヨーマルクと北陽実業が共同開発した水車型小水力発電用ユニット試作機