オペル アダム(パリモーターショー12)(参考画像)

米国自動車最大手、GMの欧州部門で、現在経営再建中のドイツ・オペル。同社の買収にイタリアの自動車大手、フィアットが再び高い関心を示しているとの情報がもたらされた。

これは10月5日、イタリアの経済紙『Il Sole 24 ORE』が報じたもの。同メディアが「フィアットとオペル。マルキオンネCEOが再び交渉の書類を開いた」との見出しとともに、フィアットが再びオペル買収の動きを見せていると伝えたのだ。

フィアットは2009年、オペルの買収に意欲を示した過去がある。オペルの親会社のGMは2009年6月、破産法の適用を申請。それに伴うリストラ策で、オペルの売却を検討しており、フィアットなど複数の企業がオペル買収に名乗りを上げた。しかし結局、GMはオペルを傘下にとどまらせることに方針を変えている。

10月5日の報道を受けて、オペル会長兼GMヨーロッパの副会長でもあるスティーブ・ガースキー氏は声明を発表。「オペルを売却するつもりはない。GMはオペルの完全な後ろ盾だ」とコメントしている。

フィアットが再びオペル買収に高い関心を示していると伝えたイタリアの経済紙、『Il Sole 24 ORE』