日産・ラティオ《撮影 内田俊一》

2代目となった日産『ラティオ』のアピールポイントは、クラスNo.1の燃費と、快適さと安心感を兼ね備えた5ナンバーセダンである。

その5ナンバーセダンのパッケージングについて、同社商品企画本部商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリストの都築邦康氏は、「フロント周りのメカスペースの部分をギュッと前型車より縮めました。そして、その寸法を後ろ側の乗員スペースやトランクスペースにまわしたのです」と話す。その結果として、「クラストップ、かつLクラス並みの室内の広さを実現しました。特に後席の広さは卓越したものを持っています。さらに、トランクルームにも寸法を配分することで、ひとまわり大きなトランク容量が確保できました」と話す。

そのトランクスペースは、「前後方向に125mm伸ばしましたので、容量は(先代より)6から7%ほど増えてCクラスセダン同等の容量となりました。たっぷりと荷物が積めるスペースです」と述べた。

また、ターゲットカスタマーの年齢層が高いことが想定されていることから、「運転をしやすくないといけません。そこで、フードの見え方にこだわり、先代と比較し見えやすい工夫をしています」といい、斜め後方視界についても、リアドアのウインドウを前後方向に広くするとともに、Cピラーを細くすることで、「先代と比較し死角をなるべく少なくしました。しかしデザインも良くしなければいけないので、デザイナーとエンジニアとで最適解を見つけ実現しました」と語った。

日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田俊一》