日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》

日産自動車から発売された新型『ラティオ』のアピールポイントは、クラスNo.1の燃費と、快適さと安心感を兼ね備えた5ナンバーセダンであるという。

その燃費に関して、同社商品企画本部商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリストの都築邦康氏は、「JC08モードで22.6km/LとこのクラスNo.1の燃費を実現し、平成27年度燃費基準10%を達成しました。従って、全車全グレード減税に適合しています」と述べる。

その達成方法については、ポイントの技術が4つあると話す。「ひとつめはダウンサイジングした1.2リッターエンジン。2つめは非常にワイドなギアレシオを持っている新しいエクストロニックCVTを採用しました」。この2つを基本としたうえで、「まず、ボディは旧型より70kg軽くすると同時に、空気抵抗もCd値0.31とクラストップの空気抵抗を実現しました。最後は、日産では定番の技術になってきているアイドリングストップを組み合わせることで、22.6km/Lと先代と比較し26%燃費を向上することが出来たのです」という。

このダウンサイジングエンジンの走りについて都築氏は、抜かりなく対応していると自信を見せる。「基本的にはボディを軽くする、そして、CVTの変速比を調整することで、旧型ラティオと遜色ないストレスのない走りが実現出来ています」と語った。

日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田俊一》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産自動車商品企画本部商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリストの都築邦康氏《撮影 内田千鶴子》