6日午前4時35分ごろ、大阪府堺市中区内の市道を走行していた軽トラックが路外に逸脱。民家の塀に衝突する事故が起きた。荷台部分に同情していた男女8人が車外に投げ出されるなどして、8人全員が重軽傷を負った。警察は運転していた21歳の男を逮捕している。

大阪府警・西堺署によると、現場は堺市中区東山付近で片側1車線の緩やかなカーブが連続する区間。軽トラックはカーブを曲がりきれずに対向車線側へ逸脱。道路右側のガードパイプに接触した後、道路左側にある民家のブロック塀に衝突した。

軽トラックの荷台部分には12-20歳の男女8人が乗車していたが、車外に投げ出された20歳の男性が頭部強打の重傷。13歳の女子中学生が右腕を骨折する重傷を負った。他の6人も打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。警察は車を運転していた同区内に在住する21歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

事故当日は地元の祭があり、負傷した8人は安全祈願のために近くの神社に向かっている最中だった。警察の調べに対し、運転していた男は「ハンドル操作を誤った」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べるとともに、道路交通法違反(定員外乗車)容疑でも事情を聞く方針だ。