TS030 ハイブリッド(参考画像)

今週末に開催されるWEC(世界耐久選手権)第7戦“富士6時間レース”。 開催を前にトヨタレーシング『TS030 HYBRID』のドライバー達のコメントが伝わってきた。

今大会トヨタレーシングは、中嶋一貴選手、アレックス・ブルツ選手、ニコラス・ラピエール選手、の3名で参戦する。中嶋選手は、初の表彰台フィニッシュに終わった第4戦シルバーストーンの後、日本のSUPER GTやフォーミュラ・ニッポンに集中するためにWEC参戦から遠ざかっていた。

中嶋選手は「再びTS030 HYBRIDに乗れることに本当に興奮している。シルバーストーンでの表彰台獲得から長い時間を経たようにさえ思える。その後もサンパウロで勝利を挙げるなど、チームの進捗状況は素晴らしい。だから、特別な昂揚感をもって、この週末にさらなる戦果を得るべく、本当にやる気に満ちている」。

「富士スピードウェイは好きなサーキットのひとつであり、私は知り尽くしているし、実際に、LMP1のレースカーとは異なるが、SUPER GTで2回のレースを戦っている。富士スピードウェイで地元トヨタのファンを前に戦うのを待ちきれない」とコメント。

ブルツ選手「トヨタのドライバーとして日本に行けるのは、非常に光栄なことだ。その特別なプレッシャーは、我々に良い効果をもたらしてくれている」。「富士スピードウェイはF1で走行の経験があるが、とても熱心で素晴らしい日本のファンの前で、またレースを戦うのを楽しみにしている」。

ラピエール選手「私は富士スピードウェイを走ったことはないが、先週ケルンへ赴き、TMGのシミュレーターをドライブした。そして、多くのオンボードカメラの映像は見ている。とてもテクニカルなコースに長いストレートが組み合わされており、このコースに我々の車を合わせるのは、興味深いものとなる」。

「富士山の麓で行われる6時間レースに行けることは、トヨタ・レーシングのドライバーとしての特権でもあり素晴らしい気分だ。ホームレースへ臨むことで、もちろんプレッシャーは感じるが、これは良い意味でのプレッシャーだ」と、それぞれコメントしてる。

写真:左から、中嶋一貴選手、アレックス・ブルツ選手、ニコラス・ラピエール選手(参考画像:第4戦シルバーストーンで表彰台を獲得) TS030 ハイブリッド(参考画像)