BMW i8コンセプト《撮影 内田俊一》

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、“BMW i BORN ELECTRIC TOUR”を六本木ヒルズ(東京都港区)において、10月6日から8日まで開催する。

その開催に伴い、本国からBMW AG BMW i セールス&マーケティングディレクターのマキシミリアン・ケルナー氏が来日。BMWのサブブランドBMW iのポジショニングについて語った。

「BMWのマザーブランドはパフォーマンス、文化、チャレンジを表し、その中心に喜びが置かれています」と話す。そこを中心として、サブブランドのBMW Mは、「スリリングなパフォーマンス、傑出したテクノロジー、比類なきエクスペリエンスを強調しています」と位置付ける。

そして、BMW iは、「未来を先取りしたモビリティとして、想像をかき立てるデザインや、新しいプレミアムを表現し、全体的に完璧なバランスが実現出来ました」と語る。

BMW iブランドは『i3』と『i8』からスタートする。ケルナー氏は「i3はメガシティの通勤、トラフィックカーです。エクステリアは、かなりコンパクトに出来ていますが、室内はゆとりがあり、プレミアム感もあります。乗り心地は良く、都市で運転するにはうってつけのモデルでしょう」という。「i8はプラグインハイブリッドのスポーツカーで、これは週末のドライブに最適のモデルです」と述べた。

BMW i8コンセプト《撮影 内田千鶴子》 BMW i8コンセプト《撮影 内田千鶴子》 BMW i8コンセプト《撮影 内田俊一》 BMW i8コンセプト《撮影 内田俊一》 BMW i3コンセプト《撮影 内田俊一》 BMW i3コンセプト《撮影 内田千鶴子》 BMW i3コンセプト《撮影 内田千鶴子》 BMW i3コンセプト《撮影 内田千鶴子》 BMW i3コンセプト《撮影 内田千鶴子》 BMW i LifeDrive構造《撮影 内田千鶴子》 BMW AG BMW i セールス&マーケティングディレクターのDr.マキシミリアン・ケルナー氏《撮影 内田千鶴子》