日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》

日産自動車から発売された新型『ラティオ』は、企画の初期段階から、日産セダンラインナップの基礎となるべく、日本を含むグローバルセダンとして開発されたという。

同社商品企画本部 商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリストの都築邦康氏によると、その具体的内容は、「正統派セダンとしての上質感あるスタイル、そして、広くて快適な室内空間。また、クラストップの燃費性能。最後にお求めやすい価格を目指して開発してきました」と述べる。

そのターゲットユーザーは、「計画台数(月1,200台)の約半分は個人ユーザーで、セダンに継続して乗りたいと思っている成熟したユーザーです。子供はすでに独立されており、飽きずに長く付き合えるスタンダードな5ナンバーセダンを選びたいというユーザー」。残りの半分は、「法人の営業車として使うユーザーで、例えば貴重な医療サンプルを積む医療関係の方や、後席に大事なお客を乗せる金融関係、不動産関係のユーザーなどが中心となります」とする。

そして商品コンセプトは、「これらユーザーのニーズである、正統派セダンとしての上質なスタイル、クラストップの燃費性能、広くて快適な室内空間の3点を高次元にバランスをさせて、環境と経済性に配慮した正統派5ナンバーセダンということにしました」

デザインキーワードは、「エクステリアでは力強さであり、流麗さであり、上級感とし、従来のBクラスセダンとは思えないような、クラスを超えた車格感があり、堂々としています。更に、外から見た時にもちゃんと広い室内と流麗なシルエットのバランスが取れています」と話す。

インテリアは、「品質感、広々感、魅惑的といったことを考えてデザインし、広々感と安心感を演出する上質な室内空間を目指し、クラスを超えた広々感のあるインテリアが作れたと思います」と語った。

日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日産・ラティオ《撮影 内田千鶴子》 日差自動車商品企画本部 商品企画室チーフ・プロダクト・スペシャリストの都築邦康氏《撮影 内田俊一》