小林可夢偉(2012年 F1シンガポールGP)(参考画像)

10月6日、F1日本GPの予選が行われたが、ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)を含む3人のドライバーにグリッド降格ペナルティーが科せられているため、決勝のスターティンググリッドは予選順位から変更される。

ミハエル・シューマッハは、シンガポールGP決勝で他車に追突したため、10グリッドダウンした位置からのスタートとなる。

また、ジェンソン・バトン(マクラーレン)とニコ・ヒュルケンベルク(フォースインディア)は、ギヤボックス交換ペナルティーのため、それぞれ予選順位から5グリッドダウンとなる。

この結果、予選順位4位の小林可夢偉(ザウバー)は1つ繰り上がり3番グリッドからのスタートとなる。

予選後、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)の進路妨害をしたとして、ジャン・エリック・ベルニュ(トーロロッソ)に3グリッド降格のペナルティーが科された。その結果セナは16番手、ベルニュは19番手に変更となった。

決勝は10月7日の15時にスタートを迎える。

スターティンググリッド
1. セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
2. マーク・ウェバー(レッドブル)
3. 小林可夢偉(ザウバー)
4. ロマン・グロージャン(ロータス)
5. セルジオ・ペレス(ザウバー)
6. フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
7. キミ・ライコネン(ロータス)
8. ジェンソン・バトン(マクラーレン)
9. ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
10. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
11. ポール・ディレスタ(フォースインディア)
12. パストール・マルドナド(ウィリアムズ)
13. ニコ・ロズベルク(メルセデスAMG)
14. ニコ・ヒュルケンベルク(フォースインディア)
15. ダニエル・リチャルド(トーロロッソ)
16. ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)
17. ヘイキ・コバライネン(ケータハム)
18. ティモ・グロック(マルシャ)
19. ジャン・エリック・ベルニュ(トーロロッソ)
20. ペドロ・デラロサ(HRT)
21. シャルル・ピック(マルシャ)
22. ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム)
23. ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)
24. ナレイン・カーティケヤン(HRT)

ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)(参考画像) ジェンソン・バトン(2012年シンガポールGP)(参考画像) ヒュルケンベルク(フォースインディア、F1バーレーンGP)(参考画像)