トヨタの豊田社長(右)、日産の志賀COO

若者にクルマの魅力をアピールするためのイベント「お台場学園祭2012」が10月6日に開幕した。開会式には国内自動車メーカーのトップが駆けつけ同イベントをPRした。

メーカーを代表して日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が、「学園祭は皆さんとのお祭りです。皆さんでワクワク楽しみましょう」との掛け声で、同イベントが開幕。

開会式では、各メーカーのトップがそれぞれこだわりのクルマを会場に用意、若かりし頃の思い出などクルマにまつわるエピソードを紹介した。

新婚時代を一緒に過ごした初代『マーチ』を会場に持ち込んだ日産の志賀俊之COOは「結婚したらスカイラインにするとプロポーズの時に言っていたのですが、マーチが出るなりこれを買いました。家内からは“スカイラインはどうしたの?”と散々言われました」などと、各トップはクルマにまつわるエピソードを話していた。

初日となる6日は、ソープボックスカーによるレースや、学生主催によるファッションショーなどが行なわれ、各メーカートップ達も学生との討論会など参加して、若者達との交流で一日を費やした。

お台場学園祭2012の開催日は、10月6日/7日/8日と13日/14日の5日間。会場は東京の臨海副都心で、各種イベントが用意される。

若者にクルマの魅力をアピールする「お台場学園祭」が開幕(写真:日産の志賀COOとトヨタの豊田社長) 開会式 お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす お台場学園祭2012のようす ソープボックスレースを制したのは三菱、(写真:三菱自の益子社長)