BMW i8《撮影 北島友和》

BMWは2012年に、新しいサブブランド「i」シリーズのプロモーションを展開する「BMW i. BORN ELECTRIC TOUR.」を世界の大都市で開催している。10月5日、同ツアーのイベントが、六本木ヒルズ52階「東京シティビュー」にて開かれた。

iシリーズを披露するプレゼンテーションで、BMW i セールス&マーケティング・ディレクターのDr.マキシミリアン・ケルナー氏は、開発の狙いについて次のように語った。

「エレクトリックドライブの課題はバッテリーの重量をいかにオフセットするかと言うこと。BMWのiシリーズでは、カーボンファイバーを利用することで重量を相殺させた。これにより、BMWらしい軽快なドライビングを実現している。i3は、通勤車をイメージしたコンパクトなEVだが、外観からは想像できない広い居住空間と高級感が特徴。また、i8はPHVのスポーツカーであり、週末に都市から逃避するのにはうってつけの車。未来を先取りするデザインと、効率性とダイナミズムを体現したi3とi8で、BMWから新しいプレミアムを提案したい」。

また、BMW i シニアエクステリア・デザイナーのカイ・ランガー氏も続いて壇上に立ち、「i8は世界で最も進化したスポーツカー」と断言。「PHVであってもエモーショナルでダイナミックなデザインを表現したかった。語りたいことは山ほどあるが、“ストリームフロー”と呼ぶ、ボディ後端にかけての流麗なラインはi8の特徴のひとつ。iシリーズという、BMWの新しいサブブランドの開発に長年携わってきたが、チームが1つになってBWMの将来をどうデザインしていくかをテーマとして取り組んできた」(ランガー氏)。

東京シティビューでは、車両の展示だけでなく、iシリーズのテクノロジーやコンセプトを紹介するパネル展示やディスプレイを設置するなど、2014年に国内導入を予定しているという新ブランドをプロモーションした。

BMW日本法人の代表取締役社長に就任したアラン・ハリス氏《撮影 北島友和》 BMW i セールス&マーケティング・ディレクターのDr.マキシミリアン・ケルナー氏《撮影 北島友和》 BMW i シニアエクステリア・デザイナーのカイ・ランガー氏《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i シニアエクステリア・デザイナーのカイ・ランガー氏《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 i3のカーボンモノコック《撮影 北島友和》 i3のカーボンモノコック《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 BMW i8デザイナー「世界で最も進化したスポーツカー」 《撮影 北島友和》 5日の夜には関係者によるレセプションか開かれた《撮影 北島友和》 5日の夜には関係者によるレセプションか開かれた《撮影 北島友和》 六本木ヒルズの広告《撮影 北島友和》 六本木ヒルズの広告《撮影 北島友和》 六本木ヒルズの広告《撮影 北島友和》